• 不動産売却時に発生する税金について

不動産売却時に発生する税金について

土地や建物などの不動産を購入する際には、様々な税金がかかります。しかし、不動産を売却する際にも税金が発生することをご存知でしょうか。こちらでは、不動産売却時に発生する税金についてご紹介いたします。

登録免許税について

不動産を登記するには、登録免許税という税金を支払う義務が発生します。権利を持っている人から別の人に権利が渡る際に登記を行うので、売却をした人にとっては、一見無関係の税金のようにも思われるのではないでしょうか。しかし、売却する時の抵当権の消滅や住所変更なども行われることがあるので、まったく無関係とはいえないのです。

印紙税について

不動産売買の契約書を作成する際には、印紙を貼る必要があります。この印紙の代金には印紙税という税金がかかっているので、不動産売却時に発生する税金といえます。印紙税の税額は、不動産売買契約書に記載された金額で異なり、記載金額が高ければそれに比例して税額も高くなるのです。
このような印紙税は不動産契約だけではなく、株券や社債券、約束手形を発行する際など、様々な場面で発生する税金です。

譲渡所得税について

売却によって手に入れた利益は、所得とみなされ税金がかかります。このように不動産を売却した利益にかかる税金のことを譲渡所得税といいます。ただし売却した金額が、購入した金額より高かった場合に、その売却で得た利益にかかる税金ですので、購入金額より安く売却した場合は、課税対象にはなりません。

当社は、いわき市にて数多くの物件の紹介を行っております。その他にも、土地や建物などの不動産売買を行っております。
仕事での転勤、結婚や就職による家族構成の変化など、様々な理由で土地や建物の売却をご検討されている方は多いでしょう。当社はそのような不動産売却のサポートを全力でさせて頂いております。

また、紹介物件ではいわき駅、湯本駅、泉駅近辺の利便性に優れた物件を数多く取り扱っておりますので、いわき市近辺の不動産に関するご相談ならぜひお気軽にお問い合わせ下さい。