• 注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違い

戸建住宅には「注文住宅」と「建売住宅」があります。それぞれ特徴がありますので、損得で考えるよりはライフスタイルや将来を考えて選ぶことが賢明です。こちらでは、それぞれの特徴をご紹介していきます。

注文住宅の特徴

注文住宅とは施工会社に依頼して建築してもらう住宅のことで、自由度が高いのが特徴です。注文住宅は工法・建材を自由に選べ、設備や間取り、内装・外装を好みのデザインにできます。そのため、理想のライフスタイルや希望を反映させた家づくりが可能です。

ひとつひとつを考え・選択できるので、プロセスを楽しみながら細部にまでこだわった家づくりができます。

一方、土地を持っている人以外は土地探しから始めなければいけないので、様々な工程や手続きが必要です。マイホームに時間が掛けられない人にはデメリットになる場合もあります。注文住宅はハウスメーカーや建築士に設計を依頼しますが、より良い物を追加・変更することで、予算を超えてしまわないように考慮しましょう。

建売住宅の特徴

建売住宅とは新築分譲住宅のことで、土地と建物がセットになっています。建売住宅はできあがった物件を購入するので、購入価格や間取り・外観などが分かりやすいのが特徴です。土地と建物を一括購入するので土地探しの手間が省けます。打ち合わせなどがないので短期間でマイホーム取得ができ、購入するまでのプロセスが比較的簡単です。

また、引越しの日程が限られている場合などは、契約後の入居も短期間で可能です。ただし、完成した住宅を購入するので自由度は低くなります。ライフスタイルに合わせた間取りの物件を見つけるのは難しいですが、その分、使い勝手を確認でき風通しや日当たりなども体感できます。価格も注文住宅より割安です。

いわき市やいわき駅周辺で建売住宅をお探しでしたら当社にお任せ下さい。いわき市にある当社では、新築一戸建てをはじめ、新築アパートや賃貸物件を多数ご用意しています。

中古住宅は価格が安いのが最大のメリットですが、新築住宅なら内装や設備の機能性が新しく、耐久性や耐震性も安心感があります。物件はJR常盤線の泉駅・湯本駅周辺にもございます。お気軽にご相談下さい。